So-net無料ブログ作成

年齢階級別に分けてみる

ある大学教授の理論に基づくと,新しい仕事の期待就業期間が長く,また配偶者や子供がなく移動のコストが小さいが若年者の方が中高年よりも転職すると予想される。

このことはその大学教授の提示した厚生労働省(だったかな?)が発表した年齢階級別転職率と一致する。

さらに,人的資本理論は訓練投資の性質によって転職の発生確率が違うことを示唆している。

すなわち,どの企業でも共通に役立つ一般的技能を修得した労働者は,他企業でもその技能を活かすことができる。

これらの理論はまだ批判も多いので、改善の余地も十分ある理論であると言えるかもしれない。





ネットワークビジネスをより確実に成功させる秘訣
やってはいけない!ネットワークビジネスの勧誘には注意!
本当に役に立たない?ネットワークビジネスのランキング
恐るべき罠を暴いた「ネットワークビジネス 9つの嘘」
ネットワークビジネスで化粧品を売る自信が無い!
ネットワークビジネスとは何か
ネットワークビジネスのニュースキンが新製品を発売!


分析からの仮説

既婚で, なおかつその結婚が初婚である女性を対象としてロジスティック回帰分析を行うのが効果的であるとする研究社もいる。

このような分析が行われた結果, 既婚女性の出生年, 初婚年齢, 既往出生児の性別構成や育児を手伝ってくれる存在がいるかどうかが, 出生を促進する効果があるということが判明している。

また, 第2, 3子出生可能性を高めるのは先ほどの要因とともに, 経済的な制約がないと考えたときに既婚女性が持ちたい子ども数である, 理想子ども数が多ければ多いほど子どもを生みやすいという結果が表れているが、これらが作業仮説の域を脱していないということについても付け加えておく。





在庫を抱えてしまうネットワークビジネスの問題を解決するには
ネットワークビジネスで人生をが狂った!その2大被害
友人がお金に見えてしまう!?ネットワークビジネスの弊害と苦痛
なぜハーバライフはネットビジネス界で悪評を受けたのか
ネットワークビジネス成功しても、組織が崩壊したら・・・
ネットワークビジネスの商品の流出が止まらない!会社もまた被害者?
ネットワークビジネスの被害である借金を抱える原因は
ネットワークビジネスに成功できない身内がいたら

既婚女性の現状

人口社会学の研究において主要なテーマのひとつに,既婚女性の出生力を規定する要因を明らかにすることがある。

現在, 日本で進行している少子化の要因の7割は晩婚化・未婚化が寄与しているが, 残りの3割は既婚女性の出生力低下に関するものだと言われている(岩澤 2002)。

事実, 既婚女性は, 日本の出生力のほとんどを担っている。

なぜなら, 日本においては法律上の結婚の外で生まれる婚外子が, EU諸国やアメリカに比べて非常に少ないからである。

そのため, 既婚女性の出生行動を考察することにより, 現在の少子化の要因を認識できるのではないかと考えられるわけである。





「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 誰でも簡単に出来るの?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 世界中の人達が見込み客?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 セールスなの?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 ABCでリクルートって?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 商品がすごい?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 業績を伸ばしている会社だから安心?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 組織が勝手に構築される?ノルマがない?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 早く参加すれば有利?
「ネットワークビジネス 9つの嘘」の考察 成功するにはそう信じればいいの?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。